【岡野タケシ】裁判が終わったら証拠はどうなるか弁護士が解説

今回は裁判の証拠に関する法律の記事になります。また、この記事はYouTubeチャンネル「岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】」様より、面白くて勉強になる法律動画のご紹介です。

答えは岡野タケシ弁護士の動画にありました。

動画を要約すると

刑事裁判の場合は返還されるか、没収されるか、保管されるか・・・。詳しくは動画に!?

岡野タケシ弁護士の解説動画

▼▼詳細は動画で!▼▼

この動画を視聴することで学べる法律知識

裁判終了後の証拠の取り扱いについて岡野タケシ弁護士から学ぶことができます。

裁判の証拠に関する法律のまとめ

所持することが違法な証拠は返却されずに没収されるってことなんだね。

裁判の証拠に関する法律のみんなの反応

所有権放棄させるのが基本かと思ってた。警察が返却に応じずに粘る印象です。

以前、モデルガンで部下を脅した人が大量のモデルガンコレクションを押収されてるのをテレビで見て「もったいないなぁ」って思ってたけれど、ちゃんと返還されるって知って何か安心しました。

弁護士って本当に現場を練り歩くんだ。こういう為になることをまとめてくれる岡野タケシさんも凄いけれど、為になる質問する人も凄いですな。

銃刀法違反で没収されたものってそのまま倉庫に保管とかなんですかね?

テレビで押収されたものがブルーシートの上とか机に並べられてるのは基本没収ってことですね!

車を押収されて返された時、小物類はみんなジップロックにいれられていたなぁ。

薬物とか拳銃とかって裁判所が没収されたあとにどうやって処分されるのか気になります。

この記事を書いた人(著者情報)

片山定春

法律ビッグバン編集長。昭和生まれの30代でWebディレクター。法律に関するニュースと知識を吸収しつつ、法律ビッグバンを有名なWebメディアサイトに成長させつ為に日々勉強中。

著者画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です