【岡野タケシ】警察の不法行為を取り締まる方法はあるのかを弁護士が法的に解説

今回は警察の不法行為に関する法律の記事になります。また、この記事はYouTubeチャンネル「岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】」様より、面白くて勉強になる法律動画のご紹介です。

答えは岡野タケシ弁護士の動画にありました。

動画を要約すると

警察の不法行為を取り締まる方法はある。警察法79条苦情申立制度を使えば・・・

岡野タケシ弁護士の解説動画

▼▼詳細は動画で!▼▼

この動画を視聴することで学べる法律知識

警察法79条苦情申立制度について岡野タケシ弁護士から学ぶことができます。

警察の不法行為に関する法律のまとめ

やはり警察の不法行為って過去にたくさんあるんだね。警察の不法行為を見つけたら公安委員会に届けるのがいいんだね。

警察の不法行為に関する法律のみんなの反応

警察官みんなが悪いわけじゃない、って当たり前のことをちゃんと言ってくれるから先生の動画好きです。

それでも一部の悪い人が目立つ事で組織全体がそう思われてしまう。

日々生活を守ってくれている警察官の人たちには感謝してます。真面目に仕事をしてくださっている警察官の皆様の為にも悪い警察官はなくなってほしいです。

警察官相手に「警察呼びますよ」っていうの想像するとおもろい。

プライベートで射殺は本当にめちゃくちゃすぎます。

こういうのを見ると憲法ってすごいです。当たり前だけど沢山の状況を取り締まるルールがある。

悪い警察官の例の2つ目って国家賠償法の判例としてよく出てくる。公務員試験の行政法の問題で毎回出題された。

殆どの警察官は真面目なのに悪いことしてる警察官が『たっくさんいる』のが笑えます。

この記事を書いた人(著者情報)

片山定春

法律ビッグバン編集長。昭和生まれの30代でWebディレクター。法律に関するニュースと知識を吸収しつつ、法律ビッグバンを有名なWebメディアサイトに成長させつ為に日々勉強中。

著者画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です