【2023年最新】教育業界におけるサービス残業について詳細まとめ

0コメント

今回は教育業界におけるサービス残業について詳細をまとめた記事になります。

小中高と教員がサービス残業80時間を当然のように求められる教育現場

小中高と教員がサービス残業80時間を当然のように求められて先生になる人が減り担任も見つからないのが今の教育現場なことの詳細

サービス残業を日本から無くす方法

学校教員が「子どもたちのため」にサービス残業を正当化するのは違う

教育学部の教授が学校教員に「子どもたちのため」という魔法の言葉で違法なサービス残業や休日出勤を正当化することの詳細

教師がサービス残業を続けると現行システムの延命に貢献してしまう

教師がサービス残業を続けることは現行システムの延命措置に貢献するということな話についての詳細

PR

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

退職代行サービスで即日退職

働いている会社の労働環境に問題があり、ストレスで心身を病んでしまいそうな場合は迷わず退職しましょう。

限界まで我慢した後に体調を崩して休職すると、復職までに時間がかかるからです。

独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると、休職期間は半年から1年が最も多く、3年ほど長引いてしまう方も少なくありません。

自分で退職の意思を伝えることが難しい場合は退職代行サービスを利用しましょう!

退職代行サービスの利用者は年々増加しており、退職者の2~3人に1人は退職代行を利用する時代になりつつあります。

そして、退職代行は労働問題のプロである合同労働組合にお願いするのがオススメです。

労働者のために運営されている組織のため簡単・低価格・確実を合法的に可能としてます。

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

エージェントを利用して自分に合った転職先を見つける

働いている会社の労働環境に問題がある場合は無料で利用できるエージェントを利用しましょう。

キャリアアドバイザーから転職活動アドバイスをもらうことで転職失敗のリスクを減らすことができます。

転職サポートを受けて自分にとって働きやすい会社を見つけましょう。

PR

首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PR

この記事を書いた人(著者情報)

片山定春

法律ビッグバン編集長。昭和生まれの30代でWebディレクター。法律に関するニュースと知識を吸収しつつ、法律ビッグバンを有名なWebメディアサイトに成長させつ為に日々勉強中。

著者画像