市川猿之助さんが共演者やスタッフに過剰な性的スキンシップのセクハラ・パワハラ疑惑のスクープ直後に自室で倒れて遺書が見つかる 週刊誌の責任は重い?関係ない?

5コメント

この記事は歌舞伎俳優の市川猿之助さんが共演者やスタッフに過剰な性的スキンシップのセクハラ・パワハラをしたと週刊誌(女性セブン)にスクープされた直後に地下の自室で倒れて遺書のような書き置きが見つかったことについてのアンケートになります。

是非、コメントであなたの意見を聞かせてください。

市川猿之助さんが共演者やスタッフに過剰な性的スキンシップのセクハラ・パワハラ疑惑のスクープ直後に自室で倒れて遺書が見つかったことについて質問

2023年5月18日午前10時過ぎ、東京都目黒区目黒にある歌舞伎俳優の市川猿之助さん(47歳)宅で、猿之助さんと両親の3人が倒れているのが発見されました。

警視庁目黒署によれば、父親と母親は死亡が確認されました。

猿之助さんは救急搬送時には意識がありましたが、現在は意識不明の重体です。警視庁は一家心中の可能性もあると見て、ガス漏れや一酸化炭素中毒がなかったか詳しい状況を調査中です。

目黒署の幹部によると、猿之助さんのマネジャーが訪れて倒れている3人を発見し、「猿之助さんを迎えに来た際、彼の意識がもうろうとしていた」と119番通報したとのことです。

捜査関係者によれば、猿之助さんは地下の自室で倒れており、近くに遺書のような書き置きが見つかったそうです。

遺書には財産に関して、親族以外の人物に相続させるというような内容が書いてありました。

両親は別の部屋で倒れていたとのことです。

事件が発生した当日の朝、週刊誌によって市川猿之助さんが共演者やスタッフに過剰な性的スキンシップのセクハラ・パワハラを行っていたとのスクープが報じられていました。

最新情報では市川猿之助さんの命に別条はなく、すでに退院しています。

司法解剖の結果、両親の死因は大量の向精神薬を服用したことによる中毒死とみられることがわかりました。

猿之助さんは警視庁の事情聴取に、死亡した両親と「家族会議をした、死んで生まれ変わろうと家族で話し合い、両親が睡眠薬を飲んだ」と説明しています。

あなたは市川猿之助さんが共演者やスタッフに過剰な性的スキンシップのセクハラ・パワハラ疑惑のスクープ直後に自室で倒れて遺書のような書き置きが見つかったことについてどう思いますか?コメントで教えてください。

みんなのアンケート

市川猿之助さんが共演者やスタッフに過剰な性的スキンシップのセクハラ・パワハラをしたとスクープされた直後に地下の自室で倒れて遺書のような書き置きが見つかったことについて質問

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

5件のコメント 市川猿之助さんが共演者やスタッフに過剰な性的スキンシップのセクハラ・パワハラ疑惑のスクープ直後に自室で倒れて遺書が見つかる 週刊誌の責任は重い?関係ない?

  1. これさ、もしもセクハラ・パワハラの報道が嘘だったら記者とかは逮捕されるのかな?

    1. 名誉毀損とかで訴えられて負ければ損害賠償しないといけんだろうけど、
      逮捕はちょっと意味不明。
      立件とか起訴とかと混同してる?

  2. たとえ加害者が自殺したとしても、被害者が声をあげることを躊躇ってはいけない。
    マスコミがその事件を報じることも躊躇ってはいけない。

    悪いのは常に加害者だということを強く認識すべき。

  3. 週刊誌は事実を報じただけでは?
    行動に責任を持つのは大人として当然
    責任持てないなら最初からするな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人(著者情報)

片山定春

法律ビッグバン編集長。昭和生まれの30代でWebディレクター。法律に関するニュースと知識を吸収しつつ、法律ビッグバンを有名なWebメディアサイトに成長させつ為に日々勉強中。

著者画像